Kotlinのいいところ/Data Class

今回はKotlinシリーズの2回目、Data Classについて説明します。
Javaの「なんとなく面倒だな…」と思うところを補填してくれる機能なので、Kotlinを使うきっかけになればと思います。

続きを読む

カテゴリー: Android | タグ: , | コメントする

Android API21から追加されたJobSchedulerに慣れていこう

こんにちは、KID.Aです。

 

最近、Camera周りの記事が多かったため、ここら辺で違う記事を書こうと思います。

 

ちょっと古いですが、API Level 21(L)から追加されたJobSchedulerの記事になります。

Android開発者ならおそらく知っていると思いますが、API Level 21(L)から追加されたJobSchedulerというものがあります。

開発サイトのAPI
https://developer.android.com/intl/ja/reference/android/app/job/JobScheduler.html

Lから追加されておりますが、サポートライブラリーなどに組み込まれておらず2.3や4.0から対応させているアプリ開発者はあまり使う機会ないというのが現状だと思います。

ただMがリリースされてこれからKitkat以前のバージョンが減ってきたらJobSchedulerが使える機会が増えてくると思います。今回はJobSchedulerに慣れようということで簡単な概要や使い方を記載しようと思います。

 

・JobSchedulerとは?

Project Volta(簡単にいうとGoogleのバッテリーの省電力プロジェクト)がバッテリーを長くするために提供したAPIです。開発者はJobSchedulerで消費電力を意識した実装ができます。

JobSchedulerは色々な種類のジョブをスケジュールしてくれるAPIです。
設定した種類の条件と端末の状態があっていればジョブを実行してくれます。
また実行遅延やリトライ間隔などの細かな設定もできます。

どのような設定ができるか見てみましょう。

続きを読む

カテゴリー: Android | タグ: , , , , | コメントする

Cameraのプレビューサイズとピクチャーサイズの機種依存問題

こんにちは、KID.Aです。

 

以前、Cameraのプレビューサイズとピクチャーサイズの比率の検証でプレビューサイズとピクチャーサイズの比率が同じでも撮影中と撮影後の写真が異なってしまう機種があることや、比率によって撮影前と撮影後で縦・横の両方が写らないパターンがあるということを記載しました。

これらの機種依存や現象について記載していきたいと思います。

 

  • プレビューサイズとピクチャーサイズの比率が同じでも撮影中と撮影後の写真が異なってしまう現象について

続きを読む

カテゴリー: Android | タグ: , , , , , , , , | コメントする

Kotlinのいいところ/Null-Safety

今年はKotlinがくる…と社内で言い続けて、もう10ヶ月。私達のような受託開発をメインにしている会社では、なかなか実案件に投入するのが難しいところかと思います。
(なにしろ、Ver.1.0にもなってないものを使うのかというところでひっかかる人達もいらっしゃるので…)

そんな中、今回を含めて数回でAndroidアプリの開発現場でKotlinを利用すること得られるメリットを紹介したいと思います。
Kotlinの使い方や「Hello, world.」などは http://kotlinlang.org/docs/tutorials/ を読んでいただければと思います。

今回はその中のNull-Safetyについて紹介します。

続きを読む

カテゴリー: Android | タグ: , , | 2件のコメント

Cameraのプレビューサイズとピクチャーサイズの比率の検証

こんにちは、KID.Aです。

今回のブログはAndroidのCameraのパラメータ設定で気をつけなければいけないことを記載します。

 

AndroidのAPIを使ってカメラアプリを作る際に2つの方法でアプリを作成できます。1つ目はIntentを使ってカメラアプリケーションと連携する方法で、2つ目はCamera(5.0からはCamera2)のAPIを使って自前のカメラを実装する方法です。

撮影後の写真を加工したいだけなら1つ目の方法で大丈夫ですが、リアルタイムに画像を取得して加工したい場合や自作カメラを作る場合は2つ目の方法をとることになります。

 

2つ目のCameraのAPIを使う場合、以下の点に注意が必要になります。
・プレビューサイズとピクチャーサイズの比率に気をつける
比率を意識しないと思わぬ罠にはまってしまいます。

続きを読む

カテゴリー: Android, 未分類 | タグ: , , , | コメントする

ee-TaB*に搭載されているPDFビューワのソースコード

弊社は株式会社ミライト様との協業で、ホテル向けタブレットサービス「イータブ・プラス(ee-TaB*)」を展開しております。
イータブプラス ee-TaB plus by MIRAIT

今回イータブ・プラスにて、さらなるサービスレベル向上とプラットフォームとしての表現力向上のため、新しくPDFビューワを搭載いたしました。このPDFビューワはオープンソースのライブラリMuPDFを用いて実装しております。

MuPDFはAGPLv3に基づいて再利用を許諾されておりますので、弊社でもGitHubにてPDFビューワのソースコードを公開しております。ライセンスはライブラリ同様AGPLv3です。

本アプリはイータブ・プラス向けに実装いたしましたが、一般的なAndroid端末でも単体で問題なく動く作りになっております。
具体的な使い方は、ビューワに表示させたいPDFファイルのパスをインテントに設定して送ることで、PDFビューワで表示されます。以下サンプルコードです。

Intent pdfIntent = new Intent();
// パッケージ名, クラス名をセット
pdfIntent.setClassName("jp.co.techfirm.cpf.pdfviewer", "jp.co.techfirm.cpf.pdfviewer.MuPDFActivity");
pdfIntent.setAction(Intent.ACTION_VIEW);
// PDFのパスをセット
pdfIntent.setData(Uri.parse("/mnt/sdcard/sample.pdf"));
startActivity(pdfIntent);

AGPLのライセンスは開発者の方にとってはなかなか厳しい制限が課されています。しかしMuPDFは非常に軽量でありながら動作もキビキビしており、商用利用でも十分に耐えうる出来映えであることから、今回はこちらのライブラリを採用いたしました。皆さんもPDFビューワを実装される際は検討されてみてはいかがでしょうか。その際はライセンス条項の遵守もお忘れ無く!

カテゴリー: Android | タグ: | コメントする

Google Glassでカメラを使う

こんにちは、KID.Aです。

前回の更新からだいぶ期間が経ってしまいました。
今回もGoogle Glassの開発に関しての記事で、アプリからカメラを使用します。

通常のAndroidの場合ですとIntentを使用してカメラを呼び出しますが、Google Glassでも同じです。
異なる箇所は、結果がonActivityResultに返却された場合に、Intentsの定数を使用してデータを受け取る箇所です。

 

実装方法

今回はgoogle のサンプルソースを動かします。
https://developers.google.com/glass/develop/gdk/camera

※コメント追加や、CameraManager.EXTRA_PICTURE_FILE_PATHをIntents.EXTRA_PICTURE_FILE_PATHに変更したり(Depricatedになっているため)、若干修正は加えています。
続きを読む

カテゴリー: Android | タグ: , , , , | 1件のコメント