Tizen小ネタ: MacでもSDKが動くように!!

いまさらですが、2月にリリースされたTizen SDK 2.0で「ついに!!」Mac OS Xがサポートされました。

これでTizenアプリの開発をするためにVagrantでUbuntuを起動する生活からオサラバです。

Mac OS Xに対応したのが一番大きな変更点(偏見)ですが、おまけ程度に2.0で追加されたその他の変更点についてもさらりと説明します。 続きを読む

カテゴリー: HTML5, Tizen | コメントする

Tizen小ネタ: WebViewはどうやって実現する??

Tizenアプリを開発したときにふと思ったことをまとめる「Tizen小ネタ」シリーズ。
最初の1回目はAndroidアプリ、iPhoneアプリでおなじみ、スマホアプリをショボく見せる諸悪の根源(:-p)であるWebView。WebViewと似たようなことをTizenアプリでやりたい場合について説明したいと思います。

続きを読む

カテゴリー: Tizen | タグ: , | コメントする

Tizen開発入門 ~環境構築~

__

iOSやAndroidに続く、新たなモバイルOSとして注目されるTizen

今回はTizen SDKをインストールしてエミュレータを動かしてみます。
Tizenの環境構築はとても簡単に出来るので、是非Tizenを試して下さい。

○構築環境
・Windows7 64bit
・TIZEN 2.0 ALPHA

続きを読む

カテゴリー: Tizen | タグ: , | コメントする

node.jsでPassbookサーバをつくってみる(4)

もはや、筆者にとってライフワークとなりつつあるこの連載。なぜ、連載形式にしてしまったのかを後悔しつつ第4回目です。

今回はこれまで作ったコードをとりまとめ、実際に使えるようにリファクタリングと必要な処理を追加してPassbookサービスを作るためのベースとなるようにします。

続きを読む

カテゴリー: iOS | タグ: , , , | コメントする

node.jsでPassbookサーバをつくってみる(3)

初回のポストで3回くらいと言っておきながら、3回では終わらないことが確実な状況に…

前回まででmanifest.jsonを生成する処理までは作りました。
今回はそれに加えて、署名をする処理、Zipで固める処理を追加して、一旦サーバとして作り切ってしまいます。

続きを読む

カテゴリー: iOS | タグ: , , , | コメントする

node.jsでPassbookサーバをつくってみる(2)

前回はPassの生成に必要なファイル(pass.json, icon.png, logo.png)の3つのファイルを準備し、Passのデザインの確認までを行いました。
今回は端末にダウンロードできるPassをどのようにサーバサイドで生成するかを説明します。なお、生成にはAppleのデベロッパーサイトで証明書を取得する必要が ありますので、ご注意ください。
あと、もちろん node.js も入れといてくださいね。

続きを読む

カテゴリー: iOS | タグ: , , , | コメントする

node.jsでPassbookサーバをつくってみる(1)

久しぶりにLabブログの更新です。
気付いたら、ずいぶん更新ができてなかったのでこれを機会にBlogのデザインも一新し、また新たな気持ちで続けられればと思っています。

今回はiOS6の新機能として追加されたPassbookについて実際にサーバを作ってみて、どのような作り込みが必要かを3回くらいに分けて説明します。

続きを読む

カテゴリー: iOS | タグ: , , , | コメントする