Pythonのスクリプトをexeファイルにする

PythonがインストールされていないPCでPythonのスクリプトを実行したいことがあります。
例えば自作したPythonのスクリプトを他人のPCでも動かしたい場合、特にWindowsでわざわざPythonをインストールしてもらうのは手間です。
そういうときはexeファイルにしてしまいましょう。
今回はPyInstallerを利用して.pyファイルを.exeにする方法を紹介します。

PyInstaller
http://www.pyinstaller.org/

まずはpipでPyInstallerをインストールします。

pip install pyinstaller

もし、上記でインストールできなければ、pythonコマンド経由で実行してみてください。

python -m pip install pyinstaller

インストールができたらコマンドでexeファイルを作成します。
その前にexeファイルにしたいスクリプトを用意します。
今回は以下の簡単なスクリプトを使います。「sample.py」という名前で保存しておきます。

# -*- coding: utf-8 -*-

print("hello world")

次のコマンドでexeファイルを作成します。

pyinstaller sample.py

distというフォルダが作られ、その中にsample.exe他dllファイルなどが作成されます。

他にも–onefileオプションをつけて作成すると1つのexeにまとめることができます。

pyinstaller --onefile sample.py

以上です。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です