Android Oを試すためにAndroid Studio 2.4 Preview3を入れてみた

Android O向けのアプリを開発する環境を整える方法は「Migrating Apps to Android O」に丁寧に説明されているので、実際に試してみました!

開発環境の説明の前に、実行環境(端末)の説明がきてるのですが、「Pixel, Pixel XL, Pixcel C, Nexus 5X, Nexus 6PかNexus Playerがあればシステムイメージ入れられますよっ」ってな事が書いてあります。

該当する端末が無い…

というかPixelは高いですね…(2017年3月)

2017年3月のpixel価格

 

というワケで、エミュレータで実行すべくAndroid Studio 2.4 canaryを導入するところから実践してみます。

Android StudioのPreview版ダウンロードページにも書いてありますが、安定版と共存させられる(run side-by-side)ので、既存の環境への影響はなさそうです。

それにしても、2017年3月の14日にPreview1が公開されたと思ったら22日にはPreview3公開って…ペース早いですね…

zipをダウンロードしたら好きなフォルダに展開するだけなので、導入はカンタンです。アイコンが黄色です!これはこれでカワイイです。

Android Studio 2.4 Previewのアイコン

小さいアイコンはもちろんドロイドくん。Android Studio 2.4 Previewのアイコン(小)

早速studio64.exeを実行してみます!すると最初に既存の設定を読み込むか確認されます。Android Studio・設定インポートダイアログ

危ない危ない、既存の安定版Android Studioとは分けたいので、ここで「Do not import settings」を選択しました。

あれ?ここからは黄色アイコンでなく、いつもの緑アイコンなんですね。次へ進むと見慣れた「Welcome」画面と…

Android Studio Welcome画面

続いてインストールタイプ選択画面が表示されます。

Android Studio Install Type

ここであまり深く考えずに「Standard」のまま進めてしまったんですが、SDKのインストール先を指定したかったので、ちょっとミスしてしまいました。「Custom」にすれば良かった…

Android Studioインストール設定

「Standard」を選択してしまったので、「C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Android\Sdk」にSDKがインストールされます。偶然自分のPC上では、安定版のSDKを別の場所にインストールしてあったのでかぶらずに済みました…

この後しばらくダウンロードやzipの解凍が続きます。そして遂にAndroid Studio Preview起動です!最初はプロジェクトが無い状態なので、メニュー画面が表示されます。

Android Studio 2.4 Preview3初回表示

Install a Preview Version of Android Studio」によると、設定画面から「update channelを変更してね」という事なので、プロジェクトを作成する前に設定画面を開き、「Appearance & Behavior > System Settings > Updates」画面の「Automatically check updates for」値を「Canary Channel」にして「ok」を押します。

Android Studio 2.4 Preview3初回表示画面のプルダウンメニュー

というか、初期設定が既に「Canary Channel」になってますね。

Android Studio 2.4 Preview3でupdates設定をCanary Channelに

さぁ、環境は整ったので、プロジェクトを作成して、ADVからAndroid Oのエミュレータを用意してみようと思います!プロジェクト作成ウィザードにもしっかり「API O」の選択肢が!

Androidプロジェクト作成時にAPI Oを選択

てきとーにプロジェクト作ったら、新機能の実装もしてみたいですが、先ずはエミュレータを用意してみようと思います。

AVDを起動し、「Create Virtual Device」ボタンを押します。PixelやPixel XLも選べますね!せっかくなので(?)Pixelで行きます!

ADVからPixelを選択

システムイメージもバッチリ「O」がいますね!

ADVからシステムイメージ「O」を選択

Pixel起動!オープニングの画面で5~6個の円がコロコロと動くアニメーションが流れて、起動が完了したら遂にホーム画面へ!(以下サムネイルクリックで実サイズ画像が表示されます)

Android O端末起動時のアニメーション1 Android O端末起動時のアニメーション2 PixelエミュレータでAndroid O起動、ホーム画面

これでAndroid O対応アプリが思いっきり作れます!ついでなのでPixelの画面ももう何枚か。ホーム画面左上の「G」アイコンから検索バーが展開できます。ホーム画面の左端からスワイプでGoogle画面も出せます。

Android O検索バー Android Oホーム画面スワイプでGoogle表示1 Android Oホーム画面スワイプでGoogle表示2

画面上部からNotificationも開いてみます。「Do not disturb」設定が少し気になったので更に開いてみました。

Android O Notification スワイプ1段階目 Android O Notification展開後 Android O Notification内Do not disturb設定

次回は早速Android Oの機能を実装してみます!

カテゴリー: Android タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です